カテゴリー

2017年6月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

Site menu:

安価なだけでなく快適な高速バスで素敵な旅を

高速道路が開通してきた1960年代から高速バスは登場してきましたが、2000年代に入り事業届け出の規制緩和がされたことから高速バスの事業者が増加し、その結果競争が働き料金が並行する鉄道と比較して格安になりました。特に夜間走行する高速バスは道路が渋滞することもなく、予定時間通り目的地に到着したり、寝ている間に移動できることから料金が安いこともあって若い世代に人気になっています。ただしバスで長時間移動すると考えるだけで、腰や背中が痛くなるとか、見知らぬ人がすぐ隣にいるので安心して寝ることができないかと思ってしまうものです。


高速バス事業者は料金でも競争していますが、快適性を売りにして差別化を図るようになってきました。座席を3列にしてシート幅を広げたり、それぞれ独立シートにすることによって隣の人に気兼ねなく手置きを使えたりしています。各座席にカーテンが備えられていてプライバシーがかなり確保できるようになりました。まだ数は多くないですが、2列シートにいたっては飛行機のビジネスクラスにもひけをとらないほどのシートを使っています。従来からの4列シートであってもリクライニングの角度が140度以上とれるようにしたり、前との座席間隔を広くとったり、寝やすいよに頭部を覆うカバーがついたりと快適性がかなりあがっています。座席が快適になったとしても、枕が変わっただけでも眠れない人はいます。そのような人は持ち込んだポータブルDVDで映画を見たい、携帯電話をいじっていたり、ノートパソコンを操作したりと様々な時間の使いかたをします。


上記3つともに長時間使用していると心配になるのはバッテリーのもち。そのため、コンセントを装備しているバスも登場してきました。さらに無線LANを導入しているバスもあります。特に大都市間を移動する高速バスはニーズも多く、便数も多くなっています。その中には女性専用便もあります。座席が快適になりプライバシーがかなり守られるようになってはいますが、それでも見ず知らずの男性が近くにいるだけで落ち着いていられない女性は多いものです。中には男性がいると化粧を落とせないほどの方もいらっしゃいます。高速バスへの参入業者が増えることによって利用者は様々な業者を選ぶことができ、価格で選ぶのか、サービスで選ぶのか、快適性で選ぶのかといろいろな選択肢から選ぶことができるようになりました。これからも快適性があがっていく高速バスで素敵な旅を楽しんでください。